[PR]

 核燃料加工会社「ジェイ・シー・オー(JCO)」東海事業所(茨城県東海村)で起きた臨界事故から30日で20年となるのを前に、東海村で7日、原子力安全フォーラムが開かれた。

 事故は1999年9月30日、ウラン燃料を製造中に発生。核分裂が連続的に続き、JCO社員2人が死亡、近隣村民ら660人以上が被爆した。

 フォーラムには地元選出の国会議員や原子力関係者、村民ら約300人が参加。参加者全員で亡くなった2人に黙禱(もくとう)した後、事業所から350メートル圏内の村民に避難要請を出した村上達也・前村長やJCOの桐嶋健二社長、原子力規制委員会の田中俊一・前委員長らが登壇し、事故の教訓などを語った。

 村上氏は当時を振り返り、「風…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら