【動画】奈良市の三陵墓古墳群=田中祐也撮影
[PR]

 奈良市の東部の旧都祁村に古墳時代、豪族が治める国があった。豪族の名前は闘鶏(つげ)氏。日本書紀にも登場するが、詳しいことはわかっていない。

 だが、一族の墓の有力候補地は明らかになっている。奈良市都祁南之庄町の三陵墓古墳群だ。古墳群は都介野(つげの)岳から延びる尾根上に営まれ、東古墳、西古墳、南古墳で構成する。東と西の両古墳が史跡公園として整備されている。

 名阪国道の針インターから車で10分、史跡公園に着くと、「つげまろくん」の像が迎えてくれた。古墳時代の男性をモデルにしたという。ここで奈良市教育委員会の池田裕英さん(51)と奈良市都祁行政センターの植松宏益さん(57)と待ち合わせた。

 まずはつげまろくんのそばにあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら