[PR]

 ロシアとウクライナの両国は7日、2014年のウクライナ危機以降、互いに拘束、訴追してきた民間人や軍人らを相手国に帰国させた。両国の対話がほぼ完全に途切れるきっかけになった昨年11月のウクライナ南部クリミア半島近くの銃撃・拿捕(だほ)事件の拘束者も含まれ、緊張緩和と関係回復への第一歩と期待される。

 ロシア政府の当局者はインタファクス通信に、拘束者、被訴追者の「交換」は両国で35人ずつに上ると述べた。ロシア側からは、クリミア半島近くの銃撃・拿捕事件で拘束されていたウクライナ艦船の乗組員24人のほか、同半島出身のウクライナ人映画監督で「テロ活動」を理由に軍事法廷で禁錮20年の判決を受けたオレグ・センツォフ氏(43)が含まれている。

 ウクライナ側からは同国で「国家反逆罪」に問われたロシア国営通信社幹部や、ウクライナ東部の親ロシア派勢力関係者らがロシアに戻された。

 フランスのマクロン大統領は8月の主要7カ国(G7)首脳会議で、16年以来開かれていない仏独を交えた4カ国の平和協議再開への意欲を表明。拘束者の問題でもプーチン氏に対応を求めており、今回の交換は実現に向けた環境整備の一環とみられる。

 キエフの空港で帰国者を迎えた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら