[PR]

 トランプ米大統領は7日、アフガニスタンの反政府勢力タリバーンとの和平協議を「中止した」とツイッターで表明した。アフガニスタンの首都カブールで5日に起きたタリバーンによる自爆テロで、米兵1人を含む12人が殺害されたことを受けて決めたという。米国とタリバーンの和平協議は基本合意に達し、最終段階にあったが、トランプ氏の決断で最終合意は遠のく可能性が出てきた。

 トランプ氏はまた、タリバーン幹部、アフガニスタンのガニ大統領と8日に米国で会談する予定だったが、会談もキャンセルしたことを明らかにした。ただし、トランプ氏はタリバーン側に揺さぶりをかけるために中止や会談キャンセルを表明した可能性があり、その場合は和平協議自体は今後も続くとみられる。

 トランプ氏は7日、「タリバーン指導者とアフガニスタンの大統領が8日、(ワシントン郊外にある大統領専用の)キャンプデービッド山荘で、私と個別に秘密会談する予定だった」とツイッターに投稿。だが、タリバーンによる5日の自爆テロを受けて、「私は即座に会談をキャンセルし、和平交渉も中止した」と表明した。

 トランプ氏はさらに「タリバーンは、非常に重要な(米国との)和平協議を続ける間も停戦に合意できず、12人の無実の人々を殺害するなら、意味ある合意に向けた交渉をする力はない。あと何十年、戦い続けるつもりなのだろうか?」とツイートし、和平協議を続ける間も自爆テロを行ったタリバーンを非難した。

 米国とタリバーンの和平協議を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら