[PR]

 強い台風15号は8日深夜から9日昼前にかけて、静岡県や関東甲信地方に上陸し、通過する恐れがある。比較的コンパクトな台風のため、接近してから急激に雨と風が強まる。首都圏などでは記録的な暴風となる可能性があり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、8日午前10時現在の中心気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。8日午後9時ごろには、強い勢力を維持したまま上陸、または接近する可能性があるという。

 静岡県と関東甲信地方では8日夕方以降に暴風が吹き始める恐れがある。東北地方でも9日明け方から海上を中心に暴風となり、猛烈な風が吹く見込み。9日までに予想される最大風速は、東海地方と伊豆諸島、関東地方で40メートル。東北地方で30メートルとなっている。

 また、東日本を中心に大気の状態が不安定になり、8~9日にかけて雷を伴う激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨となる見込みだ。9日正午までの24時間雨量は、最大で東北150ミリ、関東甲信と東海300ミリ、伊豆諸島200ミリと予想されている。