[PR]

 英語民間試験は、大学入試改革の目玉として、2020年度から大学入学共通テストで活用される。大学入試センターが、英語の「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価できる7種類の試験を認定。原則として高校3年生(現在の2年生)が来年4~12月に受けた2回までの試験の成績が、入試センターを通じて出願先の大学に送られ、合否判定に活用される。

 入試センターは昨年3月、20年度に活用できる試験として8種類の試験を認定した。だが、今年7月にTOEICが離脱を発表。英検は学校などで実施されてきた従来型が認められず、新たにメインの「S―CBT」など3タイプの試験を用意した。

 7種類の試験のうち、全都道府県に試験会場が設けられるのは、英検と、「大学入学共通テスト版」をメインとするベネッセコーポレーションのGTECだけになる見込みだ。このため多くの受験生が、この二つの試験に集中すると予想されている。

 多数の試験の結果を比較するた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら