[PR]

 JR東日本は8日、山手線や中央線、埼京線など首都圏のすべての在来線で9日の始発から午前8時ごろまで運転を見合わせると発表した。台風15号が8日深夜から9日早朝にかけて関東地方などに上陸する恐れがあり、架線の安全点検などに時間がかかるためという。JR東日本が始発からの大規模な計画運休を前日に発表するのは初めて。安全確認がとれた路線から運転を再開する方針。

 JR東日本によると、運転を見合わせる路線は以下の通り。

 山手線、京浜東北・根岸線、東海道線、横須賀線、総武快速線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、中央本線、埼京線、川越線、宇都宮線、高崎線、常磐線(快速)、常磐線(各駅停車)、成田線、武蔵野線、南武線、横浜線、相模線、青梅線、五日市線、八高線、京葉線、鶴見線、伊東線。

東西線、東陽町―西船橋は午前10時まで

 台風15号の接近に伴い、地下鉄東西線の東陽町―西船橋は9日始発から午前10時ごろまで、地下鉄有楽町線の豊洲―新木場は9日始発から午前8時ごろまで運転を見合わせる。

     ◇

 台風15号の影響で、多摩モノレールは9日、始発から午前8時ごろまで、全線で運転を見合わせる。