山形市長選、佐藤孝弘氏が再選 新顔を破る

上月英興
[PR]

 山形市長選は8日投票され、現職の佐藤孝弘氏(43)が、新顔で共産党山形県委員の石川渉氏(45)を破り、再選を確実にした。当日有権者数は20万5560人。投票率は39・08%で、2015年の前回(56・94%)を下回り、戦後最低だった07年(31・36%)に次いで低かった。

 佐藤氏は15年の市長選で民主や共産、社民などが推す新顔との接戦を制して初当選し、半世紀近くにわたった非自民系主導の市政に終止符を打った。今回も自民、公明の推薦を得て、選挙戦を進めた。

 7月の参院選山形選挙区では、野党統一候補が自民現職を破って初当選。石川氏は「野党共闘」をめざして無所属で立候補したが、各党の足並みがそろわず、支持を広げられなかった。(上月英興)