[PR]

 台風15号の接近に伴い、東急電鉄は8日夜の運行を、午後10時までに全線で取りやめる。

 東急によると、安全確保のために8日午後7時半ごろから本数を減らしていき、午後10時までにはすべての列車の運行を見合わせる。対象となるのは、東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線の8路線。

 9日朝の始発からの運行については、8日夜のうちに対応を判断する。運行の見合わせや本数を減らすなどの対応も検討しているという。

     ◇

 小田急電鉄も8日夜の運行を、午後10時ごろまでに全線で取りやめる。

 小田急によると、安全確保のために8日午後8時ごろから本数を減らしていき、午後10時までに小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線すべての列車の運行を見合わせる。9日朝の始発からの運行については、対応を検討しているという。