囲碁名人戦、台湾で敗れた張栩名人「まずい碁では…」

有料記事

挑戦者の芝野虎丸八段が勝利【第44期囲碁名人戦・第2局】=坂本進、瀬戸口翼撮影
[PR]

 第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第2局は2日目の11日午後5時40分(日本時間午後6時40分)、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩(ちょうう)名人(39)に195手で黒番中押し勝ちを収め、シリーズ成績を1勝1敗のタイに戻した。第3局は17、18日に岐阜市で打たれる。

 名人戦史上最多手数の120手まで打ち進められた前日と打って変わり、2日目は勝負を左右する手どころが午前中から続き、両者とも持ち時間を注ぎ込む難戦となった。新聞解説の平田智也七段は「名人の攻め、挑戦者のしのぎが続く激戦だった。挑戦者は名人に決め手を与えず、粘り強く打って勝ちを制した。挑戦者の強みがよく表れた一局だった」と話した。(タイムラインの時間表記は日本時間。現地時間はマイナス1時間)

【囲碁名人戦タイムライン】囲碁名人戦の熱戦を、この記事「タイムライン」でさかのぼれます。日台の棋士らの交流の様子、対局でふるまわれた食事やおやつ、ご当地グルメについての取材陣のルポも盛りだくさんです。

平野智也七段の総括(19:50)

平田智也七段の局面解説・総括【囲碁名人戦・第2局】

芝野虎丸挑戦者のコメント

 ――七番勝負初の1勝。対局を振り返っていかがですか。

 最初の方で少し打ちにくくして、ちょっとおかしくなった。そこから自信のない形勢で打っていて、結構途中も難しかったんですが、とりあえず1回勝てて安心したかな、という感じです。

 ――七番勝負、2日制は2回目の経験。慣れてきましたか?

 この対局ではあまり気にせず…

この記事は有料記事です。残り9959文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント