[PR]

 強い台風15号は9日午前5時前、千葉市付近に上陸した。関東を暴風域に巻き込みながら北上しており、午前中には太平洋に達する見込み。気象庁は、暴風や河川の増水、土砂災害などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風15号は9日4時現在、時速25キロで北北東に進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。

 この台風の影響で9日未明、千葉県木更津市で最大瞬間風速49・0メートル、千葉市中央区で57・5メートル、東京都大田区で43・2メートルを記録。いずれも観測史上1位となった。横浜市中区でも41・8メートルを観測した。雨も非常に激しくなっており、横浜市中区で9日未明、72・0ミリを記録。東京都大田区でも64・5ミリを観測した。

 9日に予想される最大瞬間風速は関東や伊豆諸島、東海で60メートル、東北で45メートル。10日午前0時までの24時間で予想される雨量は関東甲信で250ミリ、東海で200ミリ、東北で150ミリ。