[PR]

 8月末に発表された第66回日本伝統工芸展(日本工芸会、朝日新聞社など主催)の入賞・入選者。全国で16人しかいない入賞者に、大阪市から3人が選ばれた。国内最大規模の伝統工芸の公募展で、文部科学大臣賞、日本工芸会奨励賞、同会新人賞をそれぞれ受賞した3作家に、制作への思いを聞いた。(松尾由紀)

文部科学大臣賞・甲斐幸太郎さん

 「良い物ができたとは思いましたが、入賞は驚きました」。木工芸作家の甲斐幸太郎さん(42)ははにかむ。2010年から入選を重ね、今回、文部科学大臣賞で初入賞した。

 受賞作「栓(せん)拭漆(ふき…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら