[PR]

 1959年9月26日。

 その日の朝、名古屋は穏やかな空が広がっていた。

 昼過ぎ、名古屋市内の学校から帰宅途中だった愛知県蟹江町の中学3年生、笹川孝(75)の心は少し弾んでいた。台風接近で、学校の授業が早く終わったからだ。

 空は雲で少し陰り始めていた。しかし笹川は「台風はいつものようにそれていくだろう」と思っていた。

 伊藤正男(91)はその日の昼過ぎ、勤め先の名古屋から三重県木曽岬村(現・木曽岬町)の自宅に帰って来ていた。「大きい台風が来る」ということで、家に帰された。空は上天気で「本当に台風なんか来るんか」とさえ思った。

 第4管区海上保安本部の村瀬弘(86)は名古屋港内の巡回を終え、夕方には今の大手ふ頭の運河に巡視艇を係留した。非常配備だったためそのまま艇内で待機していたが、耳に強い痛みを感じた。

 「気圧が低いからだろうか」。初めての経験だった。

60年前に日本列島を襲った「伊勢湾台風」。全国で死者・行方不明者は5千人超。そのうち、愛知、三重、岐阜の東海3県だけで約4700人を占めました。あの夜、何が起きたのか。被災者の証言を元に5回シリーズで再現します。今回が第1回です。

「ボコンボコン」という音とともに

 午後6時ごろ、愛知県蟹江町。

 笹川が自宅でテレビを見ていたら、停電した。しばらくすると、家が持ち上げられるのではないかと思うほどの風雨が吹きつけた。外の様子を見ようと北の雨戸を開けると、日も暮れて真っ暗のはずの外が、なぜか夕暮れのように白く、明るかった。

 「ボコンボコン」という音とと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら