元サッカー代表ヒデが日本酒輸出をアシスト 国税庁会合

有料会員記事

【動画】日本酒の輸出戦略について話す中田英寿さん=花野雄太撮影
[PR]

 国税庁は9日、日本酒の輸出拡大をめざす「日本酒のグローバルなブランド戦略に関する検討会」(座長=小泉武夫・東京農業大名誉教授)の第1回会合を開いた。サッカー元日本代表の中田英寿さん(42)も出席し「それぞれの蔵元だけで頑張れば売れるかというと、そうでもない。国がやることで大きく変わる」と期待を語った。

 中田さんは、日本酒の魅力を発信する会社の代表を務めている。有識者として招かれ、会合後は取材に対し、鮮度の良い日本酒を外国に届けるために物流が大切だと指摘。「物流が変わることで市場が変わることはたくさんある」「おいしい状態で届けられれば飲まれる。(日本酒には)それだけのポテンシャルがある」と述べた。

 和食や日本酒の人気は海外で…

この記事は有料会員記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら