宮内庁は9日、故寛仁さまの妻・信子さまが、お住まいの宮内庁分庁舎で転倒し、背骨を圧迫骨折したと発表した。慶応義塾大学病院(東京都新宿区)に1~2週間ほど入院する。

 宮内庁によると、信子さまは8日夜、分庁舎の一室で転倒して腰を痛めた。9日に病院へ行き、全治3カ月と診断された。安静が必要なため、9月中の公務は取りやめる予定という。信子さまは、今月5、6日には愛知県へ行き、障害者の自立を支援する社会福祉法人主催のコンサートに出席するなど、元気に過ごしていたという。