上皇后美智子さまは8日、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)で左胸に見つかった乳がんの摘出手術を受けた。現時点で転移は認められず、手術後の経過もおおむね順調で、10日午後に退院する予定。9日には上皇さまが美智子さまを見舞うために病院を訪れた。

 今後、取り出したがんの組織周辺の病理検査を実施して、最終確認する。永井良三・皇室医務主管は「想定した手術法の中で、一番軽い手術で済んだ。非常に良かった」と語った。

 宮内庁によると、美智子さまは手術から一夜明け、食事も少しずつ、食べられるようになり、病室を出て歩いたという。

 美智子さまは今年7月に実施した健康診断を機に、検査を重ね、ステージ1の比較的早期の乳がんと診断された。手術は東大病院の医師と、美智子さまの健康診断を10年以上担当してきた静岡県立静岡がんセンター乳腺外科の医師が協力して執刀した。