[PR]

 全日本吹奏楽コンクール第62回東北大会(東北吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の中高各小編成部門など5部門の審査が14、15日、青森市のリンクステーションホール青森である。県内からは計12団体が出場。全国大会や東日本大会へ進む東北代表の座をかけて、ハーモニーを競う。

 14日は小学校、高校小編成、大学の各部門があり、小学校の部では演奏順に、いわき市立平第三小▽同市立湯本第一小▽伊達市立伊達小、高校小編成の部では会津高▽原町高▽平商業高、大学の部には、今春に改称した医療創生大が出場する。

 会津高と平商高は今年度、大編成(55人以内)から小編成(30人以内)に部門を変更。同部門では初の東北大会出場で、上位大会の東日本大会進出を目標に、表現力に富んだ音色を響かせる。

 昨年まで3年連続で東日本へ進…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース