[PR]

 沖縄県を中心にインフルエンザ患者が増えている。沖縄の増加が全国平均を押し上げ、この時期としては10年ぶりの高水準となっている。和歌山県や埼玉県などでも報告数が全国平均を上回る。専門家はこまめな手洗いなどの感染予防策を訴えている。

 国立感染症研究所が10日に発表した直近1週間(8月26日~9月1日)の全国1医療機関あたりの平均患者報告数は0・39人。新型インフルエンザが流行した2009年に次ぐ多さだった。前週の0・24人から大幅に増えた。

 特に沖縄県では注意報レベル1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら