[PR]

 印象派・ポスト印象派の屈指の名画を所蔵するロンドンのコートールド美術館。そのコレクションを紹介する「コートールド美術館展 魅惑の印象派」(朝日新聞社など主催)が、東京・上野の東京都美術館で10日から始まる。9日は内覧会があり、マネの最晩年の傑作「フォリー=ベルジェールのバー」(1882年)のほか、ルノワールやセザンヌといった名だたる巨匠の作品が招待客に公開された。

 英国の実業家サミュエル・コートールドのコレクションを核に、コートールド美術研究所の展示施設として1932年に開館した。館の改修工事にあわせて今展が企画され、絵画・彫刻約60点が出展されている。

 約20年ぶりに来日した「フォリー=ベルジェールのバー」は、ミュージック・ホールの一角にあったバーに立つ女性を描いたもの。女性の謎めいた表情や、鏡の中にだけ映る男性の姿など、画面に現れた不思議の数々に引き込まれる。会場では、X線調査などの研究の成果も、パネルで紹介している。

 また、ルノワールがパリの華や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら