[PR]

 野菜や果物の成長を促す農業機器で、「業界最安」をうたう新製品をトヨタ自動車系部品大手のフタバ産業(愛知県岡崎市)が開発した。排ガスの浄化技術をもとに2年前に参入したが、ここまでの実績はいま一つ。農家が使いやすいサイズに改良し、「エコ」と「安さ」の両輪で巻き返しをねらう。

 キクやトマトなどハウス栽培の作物に二酸化炭素(CO2)を吹き付けて光合成を促す機器「アグリーフ」の小型版(300坪向き)を8月に発売した。小型冷蔵庫ほどの本体にドラム缶などがつく機器は税抜き50万円。2年前に売り出した第1号製品(900坪向き、185万円)の3分の1以下に抑えた。

 ハウス栽培では外気を入れない冬場に不足するCO2を補うため、灯油を燃やすやり方がある。これに対してアグリーフは、暖房用ボイラーの排煙から回収したCO2を再利用する。捨てる排煙を使うエコさと、灯油代のいらないお得さが売りだ。強みの自動車マフラーや熱交換の技術を応用した期待の新事業として2017年秋に参入した。

 ところが販売は伸び悩んだ。原因は機器の性能と農家の実態とのミスマッチだ。「ハウス農家の経営規模は900坪が一般的」という国のデータを参考に開発したが、実際には300坪ハウスを3棟持つ農家が多いことが後からわかった。

 作物の収穫量が増えるなどの効…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら