[PR]

 東京五輪で新種目に採用されたサーフィン。埼玉県で生まれ、インドネシア代表を狙うプロサーファーがいる。リオ・ワイダ(和井田理央)。「寝る以外は食べるか、サーフィンをしているか」という波乗り生活を送る19歳が、父の母国から五輪代表をめざす理由とは。

 ワイダはインドネシア人の父親と日本人の母親を持つ。5歳のとき、バリ島に移住し、いまも暮らす。小さい頃は「海が怖くて嫌いだった」というが、友人に誘われて波に乗ると、楽しくて、すぐにはまった。カブに乗って海まで走る15分の道のりが、大好きな時間の一つだ。

 14歳で日本の大会に初参戦し、翌年には日本プロサーフィン連盟(JPSA)公認のプロ資格を取得した。16歳からはインドネシア代表を選び、17歳で世界最高峰のチャンピオンシップツアーの予選シリーズでアジア王者に輝いた。喜びを感じた一方で、「自分がインドネシアの子どもたちにもっとサーフィンを広めたい」と、国を背負う責任感も出始めた。今では父親の母国のエースサーファーだ。

 平和の祭典でもある五輪につい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも