[PR]

 不正に車検を通す見返りに現金を受け取ったとして、警視庁は、さいたま市岩槻区の車整備業菊地孝之(たかし)容疑者(50)を加重収賄などの疑いで逮捕し、10日発表した。贈賄などの疑いで東京都日野市の会社員天野直樹容疑者(25)ら22~29歳の男5人も逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 交通執行課によると、菊地容疑者は昨年12月と今年1月、それぞれ現金約2万円ずつを天野容疑者らから渡されて依頼を受け、うその書類を関東運輸局に提出し、乗用車2台の車検証を不正に得た疑いがある。みなし公務員にあたる国指定業者で、「5年ぐらい前から50件以上やった」と供述しているという。

 天野容疑者らはドリフト走行を繰り返しており、それぞれの車は改造されて車検を通らない状態という。警視庁が不正の実態について解明を進めている。