[PR]

 8日に閉幕したテニスの全米オープン。前年女王の大坂なおみ、同4強入りした男子の錦織圭(ともに日清食品)は今年、ともに8強に残れず、大会を後にした。そんな中、終盤まで大会公式ホームページの練習スケジュール欄に名前を刻んだ日本人がいた。「Haru Inoue」。4大大会のひのき舞台の雰囲気を満喫した若者の挑戦は、夢の扉を自ら押し開く尊さを教えてくれる。

 彼の存在に気づいたのは、ロジャー・フェデラー(スイス)、セリーナ・ウィリアムズ(米)も汗を流す練習コートにいたときだった。黒髪の170センチほどの青年が女子選手と打ち合っていた。時間表で名前を確認すると、国名に「JPN」とある。しかし、出場選手のリストにはない。

 井上晴さん(23)は大会を主催する米国テニス協会が選抜する公式のヒッティングパートナー(練習相手)として参加していた。

 4年前の夏から米カンザス州のウィチタ州立大に籍を置く。大学の元チームメートが全米オープンのヒッティングパートナーをした経験があることを知り、大学のコーチに相談して推薦状を書いてもらった。さらに、国際テニス連盟(ITF)主催大会での実績などを記して米国協会に直訴。熱意が認められ、10人ほどの狭き門に合格した。

 東京都町田市出身。日本の高校…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら