[PR]

 小千谷市片貝町で9~10日、「浅原神社秋季例大祭奉納大煙火」(片貝まつり)が行われた。

 神社裏の山で打ち上げることから「山の片貝」と呼ばれ、日本海に打ち上げる「海の柏崎」(ぎおん柏崎まつり海の大花火大会)、信濃川で行われる「川の長岡」(長岡まつり大花火大会)と並び、新潟の三大花火の一つとされる。世界最大級とされる四尺玉の打ち上げに加え、びょうぶ状の山に反射して響く花火の破裂音も魅力の一つだ。

 片貝の花火は商売繁盛を願う企業、孫の誕生を祝う祖父母、亡くなった人を悼む家族、還暦を記念する同級生など、個人や仲間などで上げるのが特徴。9日には、ロックバンド「GLAY」のメジャーデビュー25周年を祝い、ファンが上げた。打ち上げる理由は会場で放送される。そのアナウンスを約40年務め、昨年の花火を最後に引退した横山博子さん(61)を慰労する花火も打ち上げられた。(伊丹和弘