[PR]

 芸能界やネット業界などで会社に所属せず、フリーランスの立場で働く人の61.6%がパワハラ被害、36.6%がセクハラ被害に遭っているとのインターネット調査結果を10日、協同組合「日本俳優連合」(西田敏行理事長)など3団体が発表した。厚生労働省で開かれた記者会見では、被害を受けた女性たちが実名や匿名で告発した。

 「私は同業者の男性からレイプを受けた被害者です」

 かつてインターネット中継の映像製作者として仕事をしていた八幡真弓さん(41)は会見で、マイクを手にテレビカメラをまっすぐみつめた。「被害を恥じることだと思っていない。被害者を特殊で弱々しく、痛々しい人間ではなく、ひとりの人間として知ってほしいと思い、本名で顔を出してここに来ました」

■業界内で力のある…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら