[PR]

 韓国の京畿道議会は、道内の各学校が保有する特定の日本企業の製品に「戦犯企業」のステッカーを貼ることを公認する条例を可決した。ステッカーを貼るかどうかは生徒らが話し合って決め、「正しい歴史認識」を養う機会にするという。

 可決は10日。対象とするのは、韓国の政府機関が、日本統治下で朝鮮半島出身の労働者を意に反して働かせた「戦犯企業」と認定した284社の製品。20万ウォン(1万8千円)以上の製品を対象とし、文房具などは含まない。同様の条例は3月にも提案されたが、当時は康京和(カンギョンファ)外相が自制を求めるなど慎重論や批判の声が続出し、保留となった。今回は反対意見は出なかった。

 京畿道議会はまた、日本の輸出管理厳格化に対抗し、素材・部品の国産化事業研究費として100億ウォンを盛り込んだ補正予算も可決した。(ソウル=武田肇)

(あわせて読みたい)韓国への輸出規制問題とは? 詳しく知る記事、5本ナビ
輸出の管理に必要だとする日本、元徴用工問題への報復だと反発する韓国。なぜ対立は激化するのでしょうか。
(こんな記事も)北朝鮮ミサイル、驚きの値段 ベールの向こうの懐事情
頻繁なミサイル発射には莫大な費用が。密輸や違法取引など、あの手この手で捻出しているようです。