[PR]

 レスリングの世界選手権は14日、カザフスタン・ヌルスルタンで開幕。注目は女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、同62キロ級の友香子(至学館大)の姉妹だ。お互いを「お守り」と表現する絆を支えに、姉妹での東京五輪同時出場を狙う。

 「ここ1年、(パワハラ騒動など)本当に色々なことがあって。友香子がいなければ戦い抜けていないと思う」と川井梨は言う。

 川井梨は7月、五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)とのプレーオフを制し、世界選手権代表の座をつかんだ。日本協会の規定により、メダルを獲得すれば東京五輪代表に内定する。5位の場合は年末の全日本選手権優勝で内定となる。

 川井梨は昨年12月の全日本選手権決勝で伊調に敗れた。「練習に行きたくない」と言う姿は、妹にとっても「初めて見た」ほどの落ち込みようだった。

 川井友は「私は梨紗子に声をか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら