[PR]

 東京電力福島第一原発の事故を起こした建屋などから発生し、処理後にため続けている汚染水をめぐり、菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で「現時点で処分方法を決定した事実はない」と話した。汚染水の処分方法について、原田義昭環境相兼原子力防災担当相が10日午前の閣議後会見で「思い切って、(海に)放出して、希釈する以外に、ほかにあまり選択肢がないな」などと発言していた。

 菅氏は、処分方法は経済産業省傘下の小委員会で検討中と指摘したうえで、「風評被害など社会的な観点を含めた総合的な検討を行っている。小委員会で議論を尽くし、しっかりと検討を進めていきたい」と述べた。原田氏の発言は「個人的な意見として述べられた」との認識を示した。