徳島)阿波踊り人出、国基準の推計でも2日間70万人

有料会員記事

鈴木智之、佐藤常敬
[PR]

 全国から大勢の観光客が訪れる徳島市阿波踊り。例年、主催者が発表してきた4日間の人出は、市民の約4倍にあたる100万人超だった。運営の民間委託後初めての開催となった今年、阿波おどり実行委員会は人出の算出方式を改めた。何がどう変わったのか?(鈴木智之、佐藤常敬)

前年までと近い数字

 今夏の阿波踊りで、実行委が採用したのは観光庁が策定した「観光入込客統計に関する共通基準」。事務局を務める市観光課の担当者は「費用や人員を増やさずに、国の基準に基づいているため根拠のある数字が示せる」と説明する。

 実行委関係者などによると…

この記事は有料会員記事です。残り1185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら