[PR]

 総務省は10日、7月の参院選で政党の要件を満たした、れいわ新選組とNHKから国民を守る党(N国)の2019年の政党交付金の配分額が、それぞれ6700万円と6900万円になると発表した。政党交付金は、党所属議員数や直近の衆参国政選挙の得票割合に応じて各党に配分される。N国は参院選後に所属議員が増えるなどし、れいわより多くもらえるようになった。

 自民党は1月1日時点より1・4%減の176億4700万円、立憲民主党は同12・8%増の36億4200万円、国民民主党は同5・6%減の51億100万円、公明党は同0・4%増の30億1600万円、日本維新の会は同15・2%増の15億6400万円、社民党は同2・3%減の3億7500万円に変わった(いずれも100万円未満切り捨て)。