北海道)厚真町の和太鼓グループ、支援に感謝の新曲披露

有料会員記事

原田達矢
[PR]

 和太鼓の軽快な鼓動が、胆振東部地震からの復興へと向かうふるさとを表現している。バチを振るのは北海道厚真町民でつくる和太鼓グループ「厚真郷芸保存会」のメンバーだ。この1年間の支援に感謝し、15日に町内で演奏を披露する。

 「ハッ」。4日、町内の児童会館に威勢のいい掛け声が響いた。メンバー7人が練習するのは15日に初披露する曲「暁天の光」。1人の演奏者のかすかな鼓動から始まる。2人、3人、4人……。折り重なり次第に分厚くなった音色が、床や壁を震わせた。

 曲の冒頭は地震で大きく揺れた厚真町を表している。指導役の畑嶋麻由美さん(46)は「つらくてもあの日を思い出しながらたたこうと思う」。

 保存会は、畑嶋さんら4~4…

この記事は有料会員記事です。残り661文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら