[PR]

 昭和の大横綱・大鵬(1940~2013)が愛したちゃんこ鍋が秋田市で復活した。親方になった大鵬は、妻の実家でもあった定宿に作り方を伝えていた。その味加減を市内の居酒屋が再現。1日からメニューに登場した。

 1960年代、現役の大鵬(本名・納谷幸喜)が秋田県を巡業で訪れると、決まって泊まる旅館があった。

 市内の栄太楼(えいたろう)旅館。そこで旅館の娘の芳子さんに出会う。当時は中学生だった。大鵬は芳子さんを見初め、後に結婚した。

 親方になってからも、部屋の合宿では栄太楼旅館を使い、大鵬は自ら包丁を握って、ちゃんこ鍋の作り方を旅館の板前に教えた。

 大鵬が一番好きだったちゃんこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら