苦戦のイスラエル首相、ヨルダン川西岸の一部併合表明

有料会員記事

エルサレム=高野遼
[PR]

 イスラエルのネタニヤフ首相は10日、今月17日の総選挙で首相を続投することになった場合、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区のうち、ヨルダン渓谷など一部地域をイスラエルに併合する考えを明らかにした。苦戦が続く選挙に向けて支持を固める狙いがあるが、パレスチナなどは強く反発している。

 ヨルダン川西岸はイスラエルが第3次中東戦争で得た占領地。占領地に国民を移住させることは国際法に違反するが、イスラエルは入植地の建設を拡大してきた。今後、実際に併合に動くことがあれば、パレスチナをはじめ国際社会の反発は必至だ。

 ネタニヤフ氏が併合の意向を示したのはヨルダン渓谷と死海北部地域。東隣のヨルダンと国境を接し、イスラエルは安全保障上の観点から重要視してきた。現在はユダヤ人入植地とパレスチナ人の町が点在している。

 ネタニヤフ氏は、総選挙後に…

この記事は有料会員記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら