[PR]

 今年6月、鹿児島県奄美市名瀬小俣町の民家で高齢女性が殺害されているのが見つかった事件で、県警は11日、近くの無職渡部円治容疑者(21)を殺人と住居侵入の両容疑で逮捕し、発表した。「そのようなことはやっていない」と容疑を否認しているという。

 県警によると、渡部容疑者は6月12日夕から同16日夜までの間に、1人で住んでいた無職瀧田得枝さん(当時87)宅に侵入し、瀧田さんの腹などを刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑いがある。2人に面識はなかったという。

 渡部容疑者は今年1月下旬、同市名瀬石橋町のコンビニエンスストアに包丁を持って押し入り、現金を脅し取ろうとした疑いで6月末に逮捕されていた。県警によると、現場周辺の聞き込みや防犯カメラの解析などから渡部容疑者が浮上したという。(小瀬康太郎)