[PR]

 四国遍路の札所の砂を順に踏みながら拝めば、実際に巡礼したのと同じ御利益があるとされる「お砂踏み」。札所でつくる「四国八十八ケ所霊場会」は、その体験ができるセットをリニューアルした。遍路の魅力を多くの人に知ってもらおうと、全国への「出張」に活用する。

 遍路を繰り返し巡り、案内役を務める「先達(せんだつ)」の集まりが11日、高松市内であったのにあわせ、お砂踏みセットがお披露目された。

 会場には、88カ所の札所の本尊が描かれた掛け軸が8列にずらりと並ぶ。足元のじゅうたんの下には、それぞれの境内の砂が薄く伸ばして敷かれている。先達らは、粉末のお香を手や服にすりこんでから、1カ所ずつ巡拝していた。

 実際の四国遍路は、歩きなら4…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら