[PR]

 香川県内で交通死亡事故が相次いでいる。8月28日から9月10日までの2週間で、6~89歳の8人が亡くなった。今年に入って同日までに31人が死亡し、前年の同じ時期に比べて4人上回っている。県や県警は「警報」を出し、注意を呼びかけている。

 10日午後には2件の死亡事故が起きた。高松市香西東町の市道で同日午後3時半ごろ、自転車に乗っていた同市香西本町、無職日野静枝さん(89)が、同市鶴市町、会社員山下幸恵さん(30)の乗用車にはねられた。日野さんは腰などを強く打ち、約5時間後に死亡した。

 高松北署によると、現場は片側1車線の市道と中央線のない道路が交わる丁字路で、信号機や横断歩道はない。日野さんは、中央線のない道路に向かって市道を横断していたとみられるという。

 午後4時半ごろには善通寺市下…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら