[PR]

 台風15号の影響で千葉県内を中心に大規模な停電が続いていることについて、菅義偉官房長官は11日の閣議後会見で、「自衛隊を派遣して東京電力とともに、一刻も早い復旧に全力をあげている」と述べた。

 菅氏によると、同日午前11時の段階で千葉県内で44万5千戸、神奈川県内で4千戸の停電が続いている。政府は、千葉県庁と同県内の22市町に経済産業省の職員を派遣。停電区域に約270台の電源車を用意したという。猛暑が続く中、エアコンが使えず、熱中症の危険性が高まっていることから、冷房が使える施設を確保して高齢者に案内しているという。

 菅氏はまた、今回の災害対応を検証する必要性を問われ、「検証を行うのは当然だ。復旧に全力を尽くした後、政府としてしっかり検証していきたい」と述べた。