党人事、教訓踏まえた改憲シフト 論議の行方なお不透明

有料会員記事

安倍龍太郎、明楽麻子、石井潤一郎
[PR]

 首相は今回の人事に、憲法改正に向けた挙党態勢を敷くねらいも込めた。

 「党一丸となって力強く進めていきたい」。11日の役員会で首相は、二階氏や岸田氏ら党四役の名前を列挙し、改憲の歯車を回す考えを強調した。

 1年前の党人事では、首相は…

この記事は有料会員記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら