[PR]

 神奈川県愛川町で6月、刑務所への収容を拒んで逃走したとして、公務執行妨害など四つの罪に問われた小林誠被告(43)の初公判が11日、横浜地裁(加藤学裁判長)であった。小林被告は起訴内容を大筋で認めた上で、「包丁を振り回していない」と事実関係を争う姿勢を示した。

 冒頭陳述などによると、小林被告は6月19日、自宅を訪れた横浜地検の職員らに対し、包丁を振り回し逃走するなどしたとされる。

 検察側は、小林被告が興奮し、「俺んちなんだから出て行け」などと言い、台所から包丁を持ちだしたと指摘。また逃走中、「シャブ(覚醒剤)が抜けたら出頭するので待ってほしい」と知人の男に頼んでいたと述べた。

 弁護側は「包丁を振り回した」と大きく報道されることで小林被告は危険だとのイメージが近所で広がり、家族が近所づきあいもできなくなったとし、「家族のため、真実を明らかにしたい」と主張した。

 小林被告はこの日、丸刈り頭で出頭。逃走直後の防犯カメラの画像を検察側が示すと、「撮影していたのか」「写真がないといわれたんですけど」と気色ばむ一幕もあった。(山下寛久)