[PR]

 携帯電話などに使われる次世代通信規格「5G」。2020年以降にサービスが本格化されるのを前に、電機メーカーが新たな商機を狙っている。富士通が目を付けたのは携帯電話ではなく、工場内のデータ収集やイベント会場の映像配信など、エリアを限定して使う「ローカル5G」。いったいどのようなサービスなのか。富士通の取り組みを探った。

 5Gは、現行の4Gより高速、大容量でデータ通信ができる。携帯電話の通信が注目されるが、同時に普及が期待されるのが「ローカル5G」。企業などが限定した場所で通信を使えるサービスで、工場で稼働状況や在庫といったデータを集めて生産ラインの異常を瞬時に把握したり、音楽イベントで映像を同時配信したりといった活用が見込まれている。

 富士通は、企業や自治体に5G…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら