[PR]

 コンビニ大手や百貨店の「デパ地下」が、総菜や弁当を購入して家で食べる「中食(なかしょく)」の品ぞろえに力を入れている。10月に消費増税で外食が税率10%になるのに対し、持ち帰りは軽減税率が適用されて8%に据え置かれることから、需要が増えるとの思惑からだ。一方の居酒屋など外食各社は客を奪われないよう、足を運ぶほどお得になる「定額制」のプランなどを取り入れて対抗する。

酒のつまみになる弁当

 今月中旬に横浜市で開かれた新商品の説明会で、ファミリーマートは「消費増税対策」と「中食の強化」に力を入れると明らかにした。「健康・満腹・満足」をキーワードに、具だくさんのおにぎりなどを発売していく。増税後の客足の変化について、佐藤英成常務は「(外食から中食へと)流入することは期待している」と語った。

 ローソンも外食からの取り込み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら