[PR]

 臨済宗妙心寺派(大本山・妙心寺、京都市右京区)は、所属する岐阜県の寺の僧侶がツイッター上で、在日韓国・朝鮮人らを差別するヘイトスピーチを繰り返していたと明らかにした。同派はホームページに栗原正雄(しょうゆう)・宗務総長名の「お詫(わ)び」を掲載した。

 同派教学部によると、今月2日に外部から指摘があり、調査した結果、男性僧侶が今年3月から9月、在日韓国・朝鮮人を差別する内容の投稿を少なくとも6回繰り返していたことが確認されたという。ツイッターのアカウントはすでに削除されている。

 同派はホームページ上で「啓発活動を実施しているにもかかわらず、誠に遺憾で、多くの方々の心を傷つけましたことに対し、深くお詫び申し上げます」とし、今後、宗派をあげて人権問題への取り組みを見直すという。(大村治郎)