[PR]

 TBSテレビは11日、バラエティー番組「クレイジージャーニー」(水曜夜11時56分)の海外に生息する珍しい生物を捕まえる企画で、番組スタッフがロケの前に準備した生物を、実際にその場で発見して捕獲したかのように見せて放送していたと発表した。TBSは「やらせ」を謝罪し、調査が完了するまで番組を休止するとしている。

 企画は、静岡大講師の加藤英明さんが爬虫(はちゅう)類ハンターとして海外で生物を探すもの。TBSによると、8月14日夜9時からの2時間スペシャルと同日のレギュラー枠で、メキシコを訪れた企画を放送したところ、後日、外部から「自然に見つけたものではないのではないか」との指摘を受けた。

 調べると、事前に撮影場所を探したが目的の生物を発見できなかった場合は、制作会社のスタッフが現地の取材協力者に依頼して準備していた生物を放ち、捕獲したかのように撮影した。捕獲した生物6種類のうちメキシコサラマンダー、アリゲータートカゲ、メキシコドクトカゲ、ヘルメットイグアナの4種が用意したものだった。

 同様の企画の過去の放送を調べたところ、8月14日分のほかに計7回、11種類の生物をTBS社員が事前に準備していたことがわかった。この社員によると過去の分では加藤さんに事前に捕獲したものと伝えていなかった。8月14日分は確認中だという。

 TBSは「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実をゆがめたことになり、あってはならないものと考えています。視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くおわび申し上げます」と謝罪した。11日の放送枠では、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の9話を再放送するという。

 TBSを巡っては、8月11日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら