台風、でも保育園は開いた 交通混乱「一つ間違えば…」

有料会員記事

国米あなんだ、小林直子、仲村和代
[PR]

 9日朝に千葉市付近に上陸した台風15号。首都圏の交通網がまひし、早い段階で休校を決めた学校も多かった。一方、そんな中でも開いていたのが保育所。通常通り開けるよう要請している自治体もあり、保育士が近くに前泊して受け入れ態勢を作ったところもあった。働く親にとっては心強い存在だが、安全確保などの観点から、ルール作りを求める声もあがる。

 「早めの出勤をお願いします」。東京都港区の私立認可保育園の園長の女性は8日夜、職員にメールで連絡した。通常、午前7時15分には子どもの受け入れが始まるが、20人以上いる職員の大半は区外在住で、通勤に支障が出れば開園が遅れる恐れがあったためだ。

 港区は、区内の認可保育所に、台風など災害時も通常通り開園するよう求めている。「仕事がある人の子どもの受け入れ先をなくすことはできない」という理由だ。

 園長は、普段より2時間ほど…

この記事は有料会員記事です。残り1221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。