[PR]

 台風15号の影響で起きた千葉県の大規模停電について、東京電力パワーグリッドは12日、午前5時時点で約35万戸で停電が続いていることを明らかにした。千葉や八千代、四街道、印西の4市、市原市の一部地域を含む約4万戸については同日中の復旧を見込む。

 同社は、全面復旧を13日以降になると見込むが、13日中に復旧できるかどうかは「現段階で見通せていない」と説明している。

 復旧が遅れている理由としては、配電線が広範囲で損傷したことに加え、山間部の「倒木の多さ」を挙げた。復旧作業の際に、倒木のせいで大型車が現場に近づくのが難しく、伐採作業にも時間がかかっているという。同社の塩川和幸技監は「設備の損害状況が把握できなかった」と釈明。「台風通過後、どれくらい被害が出るかという見通しも甘かった」と話した。

 12日現在、他の電力会社から2400人の応援をもらい、計1万1千人態勢で復旧作業にあたっているという。

 千葉市の熊谷俊人市長は12日、停電からの復旧を巡る東電の発表について記者団に問われ、「楽観的な見通しを発表をすることは被災者のためにはならない。全力で復旧していただいていることは十分理解しているが、最悪の状態を想定し全ての関係者が準備できるような情報発信、意識を持ってほしい」と苦言を呈した。東電は10日夜の時点で、11日朝までに千葉県内の停電戸数を約54万戸から約12万戸にまで減らし、11日中にはすべて復旧させるとの見通しを示していた。

     ◇

 復旧の状況についてはホームページ(http://www.tepco.co.jp/別ウインドウで開きます)やツイッターで確認できる。(新屋絵理、寺崎省子)