[PR]

 睡眠作用のある薬を飲食物に混ぜ、女性に飲ませて性的暴行を加えたとして、三菱UFJ銀行の元行員が準強制性交の疑いで逮捕された事件で、警視庁は12日、別の20代女性2人に対する容疑で千秋凉祐容疑者(28)=東京都中央区佃3丁目=を再逮捕し、発表した。千秋容疑者は調べに対し、「言いたくない」と供述し、容疑を否認しているという。

 同庁は、千秋容疑者のパソコンに保存されていた画像から被害を把握。同様の画像を10人以上の女性について確認しており、他にも関与がないか捜査を進めている。

 築地署によると、千秋容疑者は3月5日夜~6日早朝、中央区の居酒屋で20代女性と食事中、飲食物に薬を混ぜて意識をもうろうとさせ、同区のホテルで性的暴行をした疑いがある。同月14日夜~15日早朝にも同様の手口で、別の20代女性に東京都墨田区のホテルで性的暴行を加えた疑いがある。2人とはマッチングアプリを通じて知り合ったとみられるという。

 千秋容疑者は30代女性に対する容疑で今年7月に逮捕された。三菱UFJ銀行は「深くおわびする。誠に遺憾」としている。