[PR]

 公明党の北側一雄副代表は12日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が人選を進める自民党憲法改正推進本部長について「野党との人間関係も含めて、環境作りをできる方がいいと期待している」と述べた。

 首相は昨秋の党人事で野党に対して強硬路線をとる布陣を敷いたが、本部長に起用した側近の下村博文氏が国会の憲法審査会開催に消極的な野党を「職場放棄」と批判。野党側の反発を招き、議論の硬直化を招く一因となった経緯がある。

 北側氏は会見で「他党の人事でコメントする立場にはない」とした上で、「憲法審を開催し、議論を進めていくことが大事。そのためには野党の協力が不可欠」と強調した。