[PR]

 「街の電器店」が高齢者の特殊詐欺被害対策に一役買う。高齢者宅を訪ねる際、特殊詐欺対策を呼びかけ、実際の対策を手伝う取り組みをパナソニックのグループ会社が始めた。地域密着という特性を生かし、愛知県警と連携して被害を防いでいきたいという。

 取り組むのは「パナソニックコンシューマーマーケティング」のLE中部社(名古屋市瑞穂区)。愛知、長野、静岡、岐阜、三重5県の電器店にパナソニック製品を卸し、販売促進を支援している。

 街の電器店は顧客に高齢者が多く、商品の配達や修理などで自宅を訪れる機会を通じて信頼関係もあるといい、この強みを生かす。

 特殊詐欺は傾向が目まぐるしく…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら