[PR]

 ハンセン病への偏見や差別について知ってもらおうと、元患者の男性が12日、岐阜県高山市の市立新宮小学校で5、6年生に自身の体験を語った。現在も様々な差別があることに触れ、偏見のない社会を呼びかけた。

 鹿児島県出身の元患者、川辺嘉光さん(77)が自身や家族が受けた差別の体験を話した。同小ではこれまでもたびたび講話をしている。

 川辺さんは小学5年のころ発症し、6年の時、療養所に入所。父も患者だったため、母や妹たちは差別を受けたという。「一日も早く退所したいと思った」が、家族と離れた生活を8年も送った。

 川辺さんは東京電力福島第一原…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら