大阪)画家・呉春の復活の歩みたどる 池田・逸翁美術館

有料記事

柳谷政人
[PR]

 池田市にゆかりが深い画家・呉春(1752~1811)を特集した展覧会「画家『呉春』―池田で復活(リボーン)!」が14日、池田市栄本町の逸翁(いつおう)美術館で始まる。不遇を癒やすために移住した池田で「呉春」と改名し、京都で花開いた男の「復活」をたどる内容だ。

 京都の裕福な家柄に生まれた呉春は若くして与謝蕪村に師事。「月渓」と名乗って画や俳諧に才能を発揮したが、妻と父を相次いで亡くし、心配した蕪村に勧められて池田に移住した。

 池田で心を癒やした月渓は翌年の正月、「呉服の里」と呼ばれた池田で新春を迎えたことにちなみ「呉春」と改名。7年あまり池田で暮らして京都に戻り、円山応挙とともに京都画壇の中心として活躍した。

 仙海義之館長によると、観念…

この記事は有料記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。